自動車の税金、維持にかかるお金の年間総額と節約アドバイス

車と税金

PR

☆☆☆iPhoneとMacで稼ぐ最前線vol:14☆☆☆

投資家、金融ライターのヒロユキ@moneyball00です。

自動車の税関や維持にかかるお金年間いくら払っているか言えますか?

この質問をしてざっくりとした答えしか言えない人が多いと思います。

ここでいうお金というのは、

持っているだけでかかるお金という仮定にしておきます。

今回は車にかかる年間総額と節約のアドバイスについて書きます。


1、車検代と節約ポイント

2、任意保険

3、諸経費(ガソリン代+駐車代)

4、年間総額は〇〇!?

5、車は年収500万以上の人の乗り物

6、自動車業界の未来


車と税金

1、車検代(車検基本費用+自動車重量税+自賠責保険)と節約ポイント

 

軽自動車の場合 約6万 車検は2年に1度なので、1年あたり約3万 月々約2,500円

(車検基本費用3万程度+自動車重量税6,600円+自賠責保険25,000円)

普通乗用車の場合 約10万 1年あたり約5万 月々約4150円

(車検基本費用4万程度+自動車重量税17000円〜32,000円+自賠責保険料26,000円)

*節約ポイントとしては車検基本費用だけは工面すれば5,000円程度で済みます。

しかし自分での整備や状態把握など、ある程度の知識が必要になります。

ずっと車を持つなら知っておいても損ではないかもしれません。

 

2、任意保険

相場は1年間で8万〜10万 月々7,000円程度

軽や普通車は事故を想定した時に相手に怪我を負わせにくいという点から保険料が安くなります。

反面スポーツカーは大型車は危ないという認識があるので任意保険が高くつきます。

もちろん任意なので、極論を言えば入らなければ一番節約できます。

ただ事故で相手に怪我を負わせた場合、自賠責保険で払いきれない可能性は非常に高いです。

またネットで任意保険を頼んだりすれば一番安く済むというメリットがある反面、

事故対応が遅い、駆けつけるまでに時間がかかったりなど、もちろんデメリットもあります。

この辺の値段をカットすると自分のリスクも上がるのでその辺は承知で節約しましょう。

 

3、諸経費(ガソリン代+駐車代)

 

ガソリン代10,000〜20,000円

もちろん距離にもよりますが毎日15分くらい通勤で使うとこんなもんでしょう。

車種の燃費にもよるので、ハイブリットは当然安くなります。

今普及し始めた電気自動車はもっと安いですが、本体価格自体が高いのでもう少し待ちましょう。

駐車代5,000円〜15,000円

この金額は地方都市を想定してます。

田舎はもっと安いし、都心部はもっと高いです。

 

4、年間総額は〇〇!?

 

ざっとこんなにかかります。

維持費だけでも月々約20,000円〜35,000円

程度のお金が出て行きます。

ここに自動車ローン(最長60回まで)を組むとなると月々1万〜3万プラスになり

月々総額30,000円〜60,000円 年間360,000円〜720,000円

程度です。

年間総額かなりしますよね。このくらいの年収を上げるためには結構な量と質の

仕事をしなければなりません。

通勤用でどうしても使わなければならない場合は仕方ないですが、

それ以外の用途で趣味が車などという、

どうでもよい解釈はこれだけ便利になった日本ではいらないと思います。

職場の近くに住み、徒歩か自転車かバスで通勤し、

車をもたなければ時間とお金の節約になります。

何かを手放すと何かを得る事ができるのが人生の法則です。

あなたは何を手放し、何を得たいですか?

娯楽を手放し、車を得たいですか?

PR

教えてあげたい人へ気持ちのシェア☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です