暗号通貨の税金は〇〇所得??バレたらやばいのか!?

暗号通貨 税金

PR

3、そもそも日本円にしなければ問題ない

 

ざっと税金の区分をお伝えしましたが、そもそも日本円にしなければ何の問題もないです。

しかしデビットカードなどで税金逃れをしても手数料がかかる他、

日本でモノを買ったら所得に区分されるという解釈もあるので、これもグレーゾーンです。

グレーゾーンを犯して、後で最大7年までさかのぼれる追徴課税をどかっと請求されても

困るのは結局納税者です。

 

税金を納めたくない=何かに使いたい

という気持ちの表れでもあるので、大概そういった人は追徴課税を払えません。

きちんと税金は納めて余った分を好きなことに使う。

これが日本に住んでいる以上守らなければならないルールです。

憲法で戦争をしないと決めていますが、納税も憲法に書かれてあります。

脱税は戦争をすると同じ意味合いの憲法違反なのです。これには気をつけましょう。

もし日本円に変えたらきちんと確定申告しましょう。

 

4、サラリーマンは給料以外にも税金に詳しくなろう

暗号通貨 税金

 

世の中の経営者、自営業者はこれらの税金について最低限の知識はあります。

税金は法とは事実と解釈の世界なので、言葉を逆手にとって解釈の世界を繰り広げるのです。

だから政治家はいろんな解釈を述べあれやこれや国民を説得させるため、また自分自身を守るため

言葉巧みに国民に良い方向へ解釈をさせます。

これが良いか悪いかわ抜きにして、良いことも悪いことも解釈によって丸め込まれる。

消費税が上がるのは財政不足だから仕方ない。

日本の消費税は世界的にみて低いだのなんだの。

これは解釈の世界であり、何個かこういったこと言っていれば理解者はどんどん増えていきます。

事実は消費税が上がることであり、それによりもちろん日本国内での消費は冷え込みます。

 

世の中の大半はサラリーマンでできており、消費税が上がるのはもちろん嫌なこと。

嫌で生活水準を安定させたいならもっと工夫して働きましょう。

雑所得控除の20万を年間フルに使えば10年で200万のお金を非課税で取得できます。

給料を上げても20%から30%持って行かれます。

つまり年間20万の所得をあげようと思ったら約27万円分働かないといけません。

7万円分の時間の無駄。時間とは誰にも与えられる平等な資産であり、一番守るべきもの。

サラリーマンにも所得区分は沢山あります。なので自らしっかりと勉強しましょう。

もらえる給料しか頭にないサラリーマンはご飯を待つ子供のようです。

ご飯が減らされたり、親が帰ってこなくてご飯がないなら自分で工夫しましょう。

自ら学び、自ら稼ぐこの感覚がこれからのサラリーマンにも必要です。

もちろん経営者や自営の方はこの感覚を常に磨いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です