暗号通貨の税金は〇〇所得??バレたらやばいのか!?

暗号通貨 税金

PR

 

☆☆☆iPhoneとMacで稼ぐ最前線!Vol: 12☆☆☆

投資家、金融ライターのヒロユキ@moneyball00です。

暗号通貨の利益はどうなる?こういった質問をよくうけるので回答したいと思います。

日本で売買をしている以上、税金からは逃れらません。

電子商取引で記録は半永久に残るのでつつかれたらお終いです。

投資関連のトレードは利益が出て、確定申告をしてから終了。その余りがあなたの利益。

トレードの利益=自分の利益とは勘違いしないでくださいね。

この流れを体に染み込ませましょう。そうすれば沢山利益を出しも怖くないじゃないですか。

びくびくして何もできなくなるよりガンガンやってガンガン納めればいいのです。

そのくらい自分を磨き、頭を鍛えて強くなることが投資の本質であり、面白さなのです。

中途半端にさせる鎖はやる前から全て取っ払って大暴れしましょう。

さて、ここからが本題!


1、暗号通貨で得た利益はどうなるの?

2、もう一つの解釈はこれ〇〇所得

3、そもそも日本円にしなければ問題ない

4、サラリーマンは給料以外にも、税金に詳しくなろう


 

1、暗号通貨で得た利益はどうなるの?

ナポレオンヒル

引用元:Amazon

これには2種類の解釈があります。

ナポレオンヒルが言った有名な言葉で『事実は一つ、解釈は多数』こんなに言葉があります。

つまり、暗号通貨で利益を得たこれは事実です。

そして税金を納めなければいけないのも事実です。

ただここで所得に対する解釈を使うことができます。

*サラリーマンの事例をあげます*

ビットコインの値上がり時に売り、1万円の利益を得たとします。

今後ビットコインのトレードをメインでやっていき事業にしていきたいと思うと解釈した場合、

これは雑所得に区分したとします

雑所得はサラリーマンの場合20万までは申請しなくていいので税金がかからないです

ただし20万を超えた場合、全体の約20%の税金がかかります。

所得税(国税)市民税、県民税(地方税)合わせると大体そのくらいになります。

申告すればわかりますが、所得というのは国と自分の住んでる県に収めなければなりません。

なんと2つも税金を納めているのですね。

利益を出すための経費を引いて、100万利益が出たら20万納めるのが義務です。

納税の義務は残念ながら日本の最高峰にある言葉『憲法』からできています。

憲法は全国民を守ってくれてるとても尊いものです。

こうやって安心して暮らせるのも、戦争がないのも憲法のおかげです。

なので憲法が私たち国民を守ってくれているので、国民は憲法を守らなければなりません。

 

2、もうひとつの解釈はこれ〇〇所得

 

暗号通貨 税金

これは譲渡所得です。

給与所得をもらっている多くのサラリーマンの場合、譲渡所得は利益に対して50万までの

控除が受けられます。つまり必要経費から引いて出た利益のさらに50万を控除できます。

実はこれ、ものすごく美味しい。。。

100万利益が出たら課税分は50万で済むのです。

50万の約20%なので、10万円で済むのです。

雑所得と比べるとなんと10万も税金の額が違いますね。

雑所得と譲渡所得を組み合わせれば最大70万の利益を控除できます。

70万の利益を出すのってなかなかハードル高いかもしれません。

暗号通貨を初期段階で投資していた人は1000万、億単位の利益は当たり前

かもしれませんがもうこれからはなかなか出てこないと思います。

でも今からでも数十万数百万単位ならしっかり勉強すれば可能な額だと思います。

 

PR

教えてあげたい人へ気持ちのシェア☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です