ビットコインの根幹技術ブロックチェーンについてわかりやすく解説

暗号通貨、ビットコイン

PR

☆☆☆iPhoneとMacで稼ぐ最前線!Vol: 11☆☆☆

投資家、金融ライターのヒロユキ@moneyball00です。

 

ビットコインが高騰していますが、なぜこんなにも注目されているのでしょうか?

その秘密はブロックチェーンにあります。

ビットコインの根幹技術のブロックチェーンについてわかりやすく解説したいと思います。

 


1、ブロックチェーンとは分散型台帳

2、国は中央集権型台帳

3、暗号通貨がもたらした金融のフラット化

4、最も参入障壁の低いバブル

5、ここからが本番。暗号通貨の本質とは?


 

1、ブロックチェーンとは分散型台帳 国は中央集権型台帳

 

ブロックチェーンとはつまり全員で監視し、認証しあうインターネット上のプラットフォームの技術ベースなのです。

図解で説明します。

ブロックチェーン技術

ビットさんがイーサさんに仕事の報酬として1BIT送金したいと思っています。

送金のポイントは改ざんされないこと、不正が起こらないこと、送金が早いことが重要なポイントとされてきました。

ビットコインはビットコインネットワークに送金のマイニングを依頼します。

マイニングとは改ざん不可能な記号を採掘することです。

改ざん不可能な記号が見つかったら、記号を採掘した参加者に報酬としてビットコインが支払われます。

この記号と一緒に取引履歴を誰でも見れるインターネット上にあげて永久に保管する場所がビットコインブロックチェーンです。

その認証が完了するとビットさんからイーサさんへの送金が完了です。

この一連の流れが安全に永久保存でき、世界の場所を問わずどこへでもスピードも速いこと(数分〜30分程度)が非常に注目されています。

 

2、国は中央集権型台帳

一方で国は中央集権型とよばれ、お金のやり取りをしたい場合は必ず銀行を介さないと送金はできません。

銀行も国の企業なのでもちろん全て記録は監視され、永久に保存されますが、一般の人からはほとんど見えません。

 

銀行が裏でなにかしていても全く一般の人は気づくことができません。

また銀行で働く側の人間はどうやっても自分たちの都合のいいように情報を流せます

このことが問題であり、国と銀行が管理するお金はフラットではないのです

どうしても権力が集中しまい、一般の人は介入出来ないことから中央集権型とよばれます。

介入するには中央集権の組織に入るしか道はなかったのです。

 

3、暗号通貨がもたらした金融のフラット化

 

暗号通貨、ビットコイン

インターネットは全てを平らにしていきました。

情報がだれにでも広く行き届き、意志さえあればいつでも誰でもアクセスでにるのです。

権力を握る人はとっては不都合なことですが、一般市民にとってはとても都合の良いことです。

インターネットは、20世紀に登場し、大きな躍進をとげてきました。

そして、今21世紀最大の革命とよばれるフィンテック(金融×テクノロジー)が大きな話題をよんでます。

産業革命が起こり、

不動産バブルが起きたように

 

実は今

金融革命がおこり、

金融バブルが起きているのです。

 

皆さんは、この事実に早く気付くべきです。

 

 

暗号通貨が軒並み5倍、10倍、30倍とほんの数ヶ月で上昇し、億単位の富を築いた一般の人がゴロゴロでてきているのです。

PR

教えてあげたい人へ気持ちのシェア☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

投資家、金融ライターのヒロユキ hiroemon@moneyball00 です。

お金に関する気になった事は、
なんでも調べてググってしまいます。 大量の情報の中から厳選された投資ノウハウ、使える税金情報をお伝えします。

気になったことは見返せるように
なんでも書いていきますので、
よろしくお願い致します。

ライン@やメルマガの登録はこちら 友だち追加